紙製うちわお願いします!

3月になって・・・やっと、今頃?新年会!
長野は3月に2回雪が積もりました。10センチも!すぐ解けましたが。

そんな中、
円形の紙製うちわお願いします!とのお話が。

そう、うちわを準備する頃ですね。去年の長野は6月から真夏のようでしたから・・・

「紙製の円形うちわ、サイズはどのくらいでしたっけ?紙の厚さって?持ち手の穴って直径どのくらい?」

「サイズは直径200㎜、持ち手の穴は直径30㎜、端から25㎜程度の場所ですね。
紙の厚さは0.5㎜程の板紙を使う事が多いです。」

「持ち手は完全に抜くこともできますし、ミシンを入れて本体にくっつけたままにすることもできます。その部分を丸いクーポンや引換券にして付加価値をつけるケースも多いですよ。」

「PPとかかけるんですよね?」

「そうですね、表面保護や強度アップの為、両面にPP貼りをする場合もありますが、エコという点ではニス引きがおススメです。両面に印刷をした上からニス引きをします。」

「持ち手部分を完全に抜いてしまうとゴミになるのと、持つ時に親指がちょっと痛いという声に応えて、持ち手を向こう側へ押し出すタイプもあります。言葉だとわかりにくいですね。笑」

そろそろ暑気払いの予約をしなきゃ!っとその前にお花見か。

「少し先 いつも考え 絶好調」
エコな顧客目線が満足を引き寄せる!

用紙の見本(用紙サンプル)ありますか?

「用紙サンプルを見たいのですが、大丈夫ですか?」
「はい、その用紙でしたら見本帳をお送りしますのでご確認ください。」

見本帳はT100㎜×Y200㎜程度のサイズなので、「それで十分です」という場合と
「もう少し大きいサイズの見本はいただけますか?」という場合があります。

それ以上のサイズをご希望の場合、ほとんどの場合有料になりますが、A4サイズで
5枚、A3サイズで4枚など、ご希望のサイズにカットしてお送りしています。

デザイナーさんの場合、お持ちのプリンターでテスト出力し、仕上がりに近い形で
お客様にご提案することが多いようです。

「急ぎだし画像でいいですよ。」という場合は、用紙見本を弊社営業がスマホで撮影した
ものを見ていただきます。

和紙など、「この用紙印刷できるの?」と私たちも疑問に思うような用紙も
ありますが、そんな場合は弊社の印刷機でテスト印刷させてもらって
可能かどうか判断することもあります。

用紙の大幅値上げが印刷業界をざわつかせている昨今、少しでも付加価値のある紙製品を
提供していきたいと思っております。

「値上げでも 見捨てないでね 紙製品」
一覧性の高さが多忙な人々を引き寄せる!

「中綴じ冊子の型抜きはできますか?」

「8P中綴じの冊子を型抜きしたいんですができますか?」
「中綴じ冊子を型抜きして、インパクトのあるパンフレットにしたいんです。」

そんなお問い合わせをいただきます。

「できますよ。1冊の厚さが1ミリくらいまででしたらOKです。用紙によっては
16Pでも大丈夫です。」
「ハートの形か家の形、もしくは車のような形でも大丈夫ですか?」

「大丈夫です。ただ、部数が多いとお時間多少かかりますが、いつ頃から
お使いの予定ですか?」
「500部とか1,000部くらいで来週末くらいに出来ますか?」

「そのくらいでしたら問題なく発送可能です。」

「インパクト あるねやっぱり 型抜きは」
わかりやすい形がいい人材を引き寄せる!

「3月は忙しいの?」

年が明けたと思ったらもう3月。
寒いね~、インフル流行ってるね~、などと言っているうちに早いですね!
まだ新年会もやっていないのに・・・

ところで「3月って忙しいの?」とよく聞かれます。

「はい、年度末なものですから、3月だけは忙しいんです!ありがたいことに。」
とお答えしておりますが、特に中旬以降毎年課題になるのは「製本」です。

UV印刷機も油性もトナーのオンデマンド印刷機もあるので、印刷は大抵何とか
間に合うのですが、問題はそのあと。加工です。

中綴じ・無線綴じ・厚盛ニス加工・・・型抜きも。

「スケジュールが多少変わっても、部数が未確定でもいいので、予定だけ先に教えていただけませんか?この時季だけは本当に納期が間に合わなくなってしまうので。」

そんな風に毎年お願いしております。

年明け早々に3月の予定をいただいている案件は安心なのですが・・・
申し訳ございません。ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

「毎月が3月だったら大繁盛」
早めのケアが安心を引き寄せる!

伝票・帳票類の和暦表記どうします?

「この計算書(伝票)そろそろ終わりそうなんだけど、平成のところどうしようかな?」
「あー入ってましたね、平成の文字が。」

「新元号が決まってから修正するか!いつだっけ?決まるの。4月1日?」
「もしくは、この機会に西暦にします?」

「そうだね、もう伝票無いから待っていられないしね。和暦の必要ないから
平成を削除して、~年だけにしよう!」

「振込先の銀行名も増やしたいっておっしゃってましたよね」
「そうそう、~銀行も追加できる?」
「できますよ、表の位置は変えずに、銀行名追加しますね。」

「あと使いづらいっておっしゃってたところもう1か所ありましたよね」
「そう、住所の記入欄を摘要の上に持ってきたいんだよね。」

「じゃあ、枠を入れ替えますか。」
「そうだね、そうしよう。」
「では、修正してPDFを送りますね。」

「OK、じゃあこれでよろしく。あ~間に合って良かった!」

社内で使う作業日報・~日誌・振替伝票、見積書・出力用の請求書・納品書(ミシン切り離しタイプ)、領収書、申込書・・・
2枚複写、3枚複写、4枚複写など複写伝票、単式伝票・・・さまざまなタイプの伝票類、そろそろ見直しの時期ではありませんか?

修正がないつもりでも、お話していると、ここもこっちもと修正箇所が出てきます。

「西暦か 和暦表記も 捨てがたい」
改元で伝票がより使いやすく生まれ変わるかも!

1ミリ厚くらいのコースターできますか?

「厚さ1㎜くらいのコースターのようなものできますか?」
「厚紙印刷できる印刷会社がなくて・・・」

「どんな用途でお使いですか?」
「部数とかサイズ感とか、どの程度をお考えですか?」

「家具の足に敷きたいんですけど。商品を守るクッションみたいに。」
「結構枚数も多いんですよね。40~50㎜の大きさで。」

「でしたら、合紙という加工があるので、真ん中にアンコ(厚紙)を挟んで
その両側から、印刷した紙を貼り合わせて(3枚合紙)1㎜くらい
まで厚みを出す事ができますよ」

こんなやり取りをして、アンティーク家具の下敷き用クッション(円形)
が出来上がりました。

紙にダイレクトに印刷できる厚みは0.6㎜まで。
(それでも結構厚いんですけど・・・)
それ以上厚みを出したい場合は2枚合紙とか3枚合紙などをして、その後
型抜き加工をしています。

ただしサイズが大きいと、紙の反りがでる場合があるのでご注意を!

「厚いよね これ印刷すれるかな 聞いてみよう」
相談で熱い想いの紙製品が出来上がる!

どこの印刷会社へ頼んだんだっけ?

「発注先の印刷会社がわからない」
「前回どこの印刷会社へ依頼したのか、わからなくなってしまって・・・」
そもそもどこへ発注していたのかわからない事ありませんか?

「前回頼んだ印刷会社が無くなってしまって・・・」

モノは手元にあるけど、何の紙を使っているのか、印刷方法はどうなのか?
加工ってしてるのこれ?という事って時々ありますよね。

「見積もり依頼をしたいけど、仕様が分からないと・・・困ったな。」

そんな時は日美印刷を思い出してください。
「大丈夫、調べますよ!」

メールかお電話でお知らせいただき、そのままお送りいただければ、
すぐに仕様をお調べします。

部数もわからない場合は、現状最適と思われる部数をご一緒に考えます。

「困ったが かえって良かった こともある」
逆境が幸運を引き寄せる!

前回何部でしたっけ?紙はマット?

「2~3年前に印刷してもらったパンフレットなんですが、前回何部印刷したかわかります?」
「用紙はマットでしたっけ?」

「わかりますよ、前回2年前2,000部です。紙はそうマットコートの110キロでした。ちなみにその前は更に1年前に1,000部でした。その時はマットの90キロでしたね。
前回1ランク厚くしましたよね。」

印刷部数が印刷直前で増えたり、厚い紙にしたいと用紙が変更になったり・・・
パンフの在庫がないと思っていたら倉庫から見つかったり、伝票があると思っていたのに保管場所を見たらほとんどなかったり・・・

さまざまな状況下でご注文をいただくので、部数や用紙が印刷するまでに何度か変更になる事もしばしば。

本当は印刷日の1週間くらい前に完璧な注文書をいただけると助かるのですが。。

でも大丈夫!「安心してください。わかりますよ」
前回の仕様やスケジュール、金額わかります。
短納期にもとても強いです!(皆さん驚かれます)

担当者にメール・電話でどんどん聞いてください。
担当者がわからない場合は
info@nichibi-p.comまでお気軽にどうぞ。もちろんお電話でも大丈夫です。

ただ、用紙だけは早めにお決めください。(すみません、紙がないと刷れないので。。)

「わからない まずはあいつに 聞いてみよう」
確認がぐっすりを引き寄せる!

これから御社へ行きたいんですけど大丈夫ですか?

「こんな形の型抜きをして、こんな紙を使って、こんなイメージに仕上げたいんですよね。」
「こんな加工ってできるんですか?」
「納期大丈夫ですかね?」

長野市内のデザイナーさんには弊社へお越しいただき、
「仕上がりの大きさはもう少し小さくてはダメですか?」
「いいですよ、取り都合とかありますもんね。」

「これは金印刷でもよさそうですけど、金箔の方がいいですか?」
「コスト的にどうですか?」

イメージに合いそうな用紙サンプルや同じような型抜き加工をした印刷見本があれば併せて見ていただきます。

「質感はいいけど紙のコシがちょっと弱いですね。」「コシが強い方がよければこちらの用紙はどうですか?質感や色は若干違いますけど発色はこちらの方がいいです。
納期的なことを考えるとコチラですかね。」

「ここもうちょっとカーブを緩やかにしても大丈夫ですか?」

できるだけイメージに近い仕上がりになるようコスト・納期も考慮しながらお話しています。(いつもお越しいただきありがとうございます!!)
お越しになれない場合はサンプルを送るか、画像をメールでお送りしています。

「打ち合わせ しといて良かった 今回も」
ひと手間が信頼を引き寄せる!

印刷用入稿データの保管でお困りではありませんか?

「2年前に印刷したデータが、どこかのパソコンに保存されているはずなんですが・・・見つからないのですが…御社にデータまだ残っていますか?」

こんなお困りの声をいただくことがあります。

担当者様の変更やパソコンの入替、ハードディスクの故障、あるはずの場所にデータがなかった・・・

など理由はさまざまですが、お困りになるケースがございます。

弊社では、お客様から入稿いただきました印刷用入稿データ・型データについて、基本的にすべて保管しております。(もちろんお客様の承諾なしにデータを取り出すことは一切ございません。)

1999年から、MO、DVD、ハードディスクと保管するメディアは変わっておりますが、お客様の大切なデータを感謝の想いで、もしもの時の為に無料でお預かりしておりますので、万が一「データが見つからない!」などということがございましたら、お早めにご相談ください。

「データ保管 ここにあるはず あったはず」
コツコツが信用を引き寄せる!