紙製うちわお願いします!

3月になって・・・やっと、今頃?新年会!
長野は3月に2回雪が積もりました。10センチも!すぐ解けましたが。

そんな中、
円形の紙製うちわお願いします!とのお話が。

そう、うちわを準備する頃ですね。去年の長野は6月から真夏のようでしたから・・・

「紙製の円形うちわ、サイズはどのくらいでしたっけ?紙の厚さって?持ち手の穴って直径どのくらい?」

「サイズは直径200㎜、持ち手の穴は直径30㎜、端から25㎜程度の場所ですね。
紙の厚さは0.5㎜程の板紙を使う事が多いです。」

「持ち手は完全に抜くこともできますし、ミシンを入れて本体にくっつけたままにすることもできます。その部分を丸いクーポンや引換券にして付加価値をつけるケースも多いですよ。」

「PPとかかけるんですよね?」

「そうですね、表面保護や強度アップの為、両面にPP貼りをする場合もありますが、エコという点ではニス引きがおススメです。両面に印刷をした上からニス引きをします。」

「持ち手部分を完全に抜いてしまうとゴミになるのと、持つ時に親指がちょっと痛いという声に応えて、持ち手を向こう側へ押し出すタイプもあります。言葉だとわかりにくいですね。笑」

そろそろ暑気払いの予約をしなきゃ!っとその前にお花見か。

「少し先 いつも考え 絶好調」
エコな顧客目線が満足を引き寄せる!

用紙の見本(用紙サンプル)ありますか?

「用紙サンプルを見たいのですが、大丈夫ですか?」
「はい、その用紙でしたら見本帳をお送りしますのでご確認ください。」

見本帳はT100㎜×Y200㎜程度のサイズなので、「それで十分です」という場合と
「もう少し大きいサイズの見本はいただけますか?」という場合があります。

それ以上のサイズをご希望の場合、ほとんどの場合有料になりますが、A4サイズで
5枚、A3サイズで4枚など、ご希望のサイズにカットしてお送りしています。

デザイナーさんの場合、お持ちのプリンターでテスト出力し、仕上がりに近い形で
お客様にご提案することが多いようです。

「急ぎだし画像でいいですよ。」という場合は、用紙見本を弊社営業がスマホで撮影した
ものを見ていただきます。

和紙など、「この用紙印刷できるの?」と私たちも疑問に思うような用紙も
ありますが、そんな場合は弊社の印刷機でテスト印刷させてもらって
可能かどうか判断することもあります。

用紙の大幅値上げが印刷業界をざわつかせている昨今、少しでも付加価値のある紙製品を
提供していきたいと思っております。

「値上げでも 見捨てないでね 紙製品」
一覧性の高さが多忙な人々を引き寄せる!

「中綴じ冊子の型抜きはできますか?」

「8P中綴じの冊子を型抜きしたいんですができますか?」
「中綴じ冊子を型抜きして、インパクトのあるパンフレットにしたいんです。」

そんなお問い合わせをいただきます。

「できますよ。1冊の厚さが1ミリくらいまででしたらOKです。用紙によっては
16Pでも大丈夫です。」
「ハートの形か家の形、もしくは車のような形でも大丈夫ですか?」

「大丈夫です。ただ、部数が多いとお時間多少かかりますが、いつ頃から
お使いの予定ですか?」
「500部とか1,000部くらいで来週末くらいに出来ますか?」

「そのくらいでしたら問題なく発送可能です。」

「インパクト あるねやっぱり 型抜きは」
わかりやすい形がいい人材を引き寄せる!