どこの印刷会社へ頼んだんだっけ?

「発注先の印刷会社がわからない」
「前回どこの印刷会社へ依頼したのか、わからなくなってしまって・・・」
そもそもどこへ発注していたのかわからない事ありませんか?

「前回頼んだ印刷会社が無くなってしまって・・・」

モノは手元にあるけど、何の紙を使っているのか、印刷方法はどうなのか?
加工ってしてるのこれ?という事って時々ありますよね。

「見積もり依頼をしたいけど、仕様が分からないと・・・困ったな。」

そんな時は日美印刷を思い出してください。
「大丈夫、調べますよ!」

メールかお電話でお知らせいただき、そのままお送りいただければ、
すぐに仕様をお調べします。

部数もわからない場合は、現状最適と思われる部数をご一緒に考えます。

「困ったが かえって良かった こともある」
逆境が幸運を引き寄せる!

前回何部でしたっけ?紙はマット?

「2~3年前に印刷してもらったパンフレットなんですが、前回何部印刷したかわかります?」
「用紙はマットでしたっけ?」

「わかりますよ、前回2年前2,000部です。紙はそうマットコートの110キロでした。ちなみにその前は更に1年前に1,000部でした。その時はマットの90キロでしたね。
前回1ランク厚くしましたよね。」

印刷部数が印刷直前で増えたり、厚い紙にしたいと用紙が変更になったり・・・
パンフの在庫がないと思っていたら倉庫から見つかったり、伝票があると思っていたのに保管場所を見たらほとんどなかったり・・・

さまざまな状況下でご注文をいただくので、部数や用紙が印刷するまでに何度か変更になる事もしばしば。

本当は印刷日の1週間くらい前に完璧な注文書をいただけると助かるのですが。。

でも大丈夫!「安心してください。わかりますよ」
前回の仕様やスケジュール、金額わかります。
短納期にもとても強いです!(皆さん驚かれます)

担当者にメール・電話でどんどん聞いてください。
担当者がわからない場合は
info@nichibi-p.comまでお気軽にどうぞ。もちろんお電話でも大丈夫です。

ただ、用紙だけは早めにお決めください。(すみません、紙がないと刷れないので。。)

「わからない まずはあいつに 聞いてみよう」
確認がぐっすりを引き寄せる!

これから御社へ行きたいんですけど大丈夫ですか?

「こんな形の型抜きをして、こんな紙を使って、こんなイメージに仕上げたいんですよね。」
「こんな加工ってできるんですか?」
「納期大丈夫ですかね?」

長野市内のデザイナーさんには弊社へお越しいただき、
「仕上がりの大きさはもう少し小さくてはダメですか?」
「いいですよ、取り都合とかありますもんね。」

「これは金印刷でもよさそうですけど、金箔の方がいいですか?」
「コスト的にどうですか?」

イメージに合いそうな用紙サンプルや同じような型抜き加工をした印刷見本があれば併せて見ていただきます。

「質感はいいけど紙のコシがちょっと弱いですね。」「コシが強い方がよければこちらの用紙はどうですか?質感や色は若干違いますけど発色はこちらの方がいいです。
納期的なことを考えるとコチラですかね。」

「ここもうちょっとカーブを緩やかにしても大丈夫ですか?」

できるだけイメージに近い仕上がりになるようコスト・納期も考慮しながらお話しています。(いつもお越しいただきありがとうございます!!)
お越しになれない場合はサンプルを送るか、画像をメールでお送りしています。

「打ち合わせ しといて良かった 今回も」
ひと手間が信頼を引き寄せる!

印刷用入稿データの保管でお困りではありませんか?

「2年前に印刷したデータが、どこかのパソコンに保存されているはずなんですが・・・見つからないのですが…御社にデータまだ残っていますか?」

こんなお困りの声をいただくことがあります。

担当者様の変更やパソコンの入替、ハードディスクの故障、あるはずの場所にデータがなかった・・・

など理由はさまざまですが、お困りになるケースがございます。

弊社では、お客様から入稿いただきました印刷用入稿データ・型データについて、基本的にすべて保管しております。(もちろんお客様の承諾なしにデータを取り出すことは一切ございません。)

1999年から、MO、DVD、ハードディスクと保管するメディアは変わっておりますが、お客様の大切なデータを感謝の想いで、もしもの時の為に無料でお預かりしておりますので、万が一「データが見つからない!」などということがございましたら、お早めにご相談ください。

「データ保管 ここにあるはず あったはず」
コツコツが信用を引き寄せる!

印刷品質でお悩みはありませんか?

「印刷物を海外へ頼んでいます、安いので。ただインキの匂いがきついんです。
これって仕方ないですよね〜。納期も結構かかりますけど、困るのは色ムラや不安定な品質なんです。」

お客様からそんな声を時々いただきます。
安い・・・確かに魅力的ですよね。
それがベターな選択の場合もありますよね。

手提げ袋を定期的にご注文いただくお客様。

「どうしてもコストを下げたい」という事で海外へ依頼することに。
1か月程度で仕上がってきました。が・・・
「ん〜やっぱり匂いしますね〜。色もね〜。紙のコシが弱いですね〜、使えますけど。」

品質はメイドインジャパンがやっぱり安心ですね。

「安心とコストの両立は 新しいアイディアで」
努力は安心を引き寄せる!

「紙の流れ目」(縦目・横目)についてご興味をお持ちですか?

「名刺を指で曲げた時、紙の強度が気になります。

何か良い方法はありますか?紙を厚くしたらよいですか?」という相談を頂く事があります。

この場合、紙を厚くしなくても「紙の流れ目」を変える事で解決する場合があります。

コピー用紙を手で破いた時、スーッと切れる事がありませんか?
これは切った方向に「紙の目」が通っているからです。

名刺に使用するような厚い紙でも同じように、横長に見た場合、名刺の短い辺に平行に目が通っていると両端を持って指で曲げた時やわらかく感じ、逆に、名刺の長い辺に平行に目が通っている場合、両端を指で曲げると強度が強く感じます。

お客様に手に取っていただいた時の感触によって、会社のイメージも変わるかもしれません。

「柔軟さ 名刺の強度で わかるかも」
熱意は名刺に表れる!

チラシの集客効果に疑問をお持ちですか?

TVのCMでよく「詳しくは今日の折込で」などとやっています。
折込とは新聞折込チラシの事ですが、あれって効果があるのでしょうか。

ご自宅の郵便受けにもよくチラシが入っていませんか?
ポスティングチラシ、どちらも集客の為の欠かせない広告媒体として活用されているお客様がいらっしゃいます。

8月に開業されたエステサロン様。

ポスティングチラシを活用されて数か月。
「チラシは欠かせない広告媒体なので!」と順調に集客されています。

チラシを見て認知。「ここにこんなお店があるんだ」「へーなんか良さそう」
スマホで検索して更に興味を持ち、早速予約。
そんな流れだそうです。

チラシを見てパッと瞬間的にお店をイメージし、その後お店のコンセプトやメニューをじっくり確認する。後で誰かと相談するのも手軽。

ネットで完結と思われがちですが、チラシと連動させている事が
集客上手の理由のようです。

「集客はスマホの前にまずチラシ」
努力はチラシに表れる!

手に取りたくなる青いトビラのショップカード

オシャレな型抜きショップカードのご紹介です。

沖縄の人気スポット北谷町美浜にある「シーサイドカフェハノン」さまのショップカードは、お店の目印の青いトビラをイメージした型抜きショップカードです。

2つ折りで、正面には格子状に四角い窓が12個あいていて、全体が半円に型抜きされているので、本当のトビラのように見えます。きれいな白と青のデザインで、形もオシャレなので手に取ってみたくなるアイテムです。

すぐになくなってしまうそうで、何回もリピート注文をいただいてうれしく思います。

焼き立てふわふわのパンケーキと挽きたてコーヒーが大人気。美浜アメリカンビレッジ内のいちばん海よりの場所で景色がとてもいいカフェです。
http://cafe-hanon.com/

白を白く印刷する技術

高品質の印刷物を請負う私たちが大切にしているのは、白を白く印刷する技術です。

意外に思われるかもしれませんが、お皿や器に綺麗に盛り付けられた美味しそうなお料理は、白いお皿が真っ白に再現されてこそ、より見栄えがし「美味しそう、食べたい!」と思ってもらえるのです。

人の目の精度は高く、1%の網点の変化で見え方がかなり変わりますので、お客様の求める「より映える印刷物」を生み出す為、日夜研究に励んでおります。

印刷オペレーターが印刷機1台ごとに印刷テストを繰り返しますが、計測器で計測したデータに基づいて調整した印刷物を、営業担当者も交えて自分達の目で確かめて、本当にこれでいいか何度も確認して設定を決めています。

一度調整したら終わりではなく、設定を見直す頻度の多さも、高品質印刷物を生み出す秘訣なのです。

「酒米トントン相撲 菅平場所」に力士が土俵入り?

昔懐かしい、紙相撲ノベルティのご紹介です!

菅平で行われた「金門錦サミット2018」の際にも使われたもので、
金太郎と熊さんの丸いフォルムがとっても可愛らしい仕上がりです。

♪ひが〜し〜 金門錦〜♪

♪に〜し〜 山田錦〜♪

と、思わず行司のマネをして、四股名を読み上げたくなってしまいます
が、会場の外では、子どもたちも「酒米トントン相撲 菅平場所」でとても
盛り上がっていたそうです。

昔からある様な、どこか懐かしい、ブンペル ホワイト 四六判175kgの
用紙で作った力士は、程よい固さがありながら、ふんわりした手触り
があります。

酒米から農業と酒の未来を考える(?)金紋錦サミット。来年以降も楽しみです!

当日のサミットの様子はコチラ。(トドロキデザイン様 ブログ)
http://todoroki-design.com/blog/kinmonnishiki/2018_28.php