白を白く印刷する技術

高品質の印刷物を請負う私たちが大切にしているのは、白を白く印刷する技術です。

意外に思われるかもしれませんが、お皿や器に綺麗に盛り付けられた美味しそうなお料理は、白いお皿が真っ白に再現されてこそ、より見栄えがし「美味しそう、食べたい!」と思ってもらえるのです。

人の目の精度は高く、1%の網点の変化で見え方がかなり変わりますので、お客様の求める「より映える印刷物」を生み出す為、日夜研究に励んでおります。

印刷オペレーターが印刷機1台ごとに印刷テストを繰り返しますが、計測器で計測したデータに基づいて調整した印刷物を、営業担当者も交えて自分達の目で確かめて、本当にこれでいいか何度も確認して設定を決めています。

一度調整したら終わりではなく、設定を見直す頻度の多さも、高品質印刷物を生み出す秘訣なのです。